FrogとToadの違い【カエルを英語で表現すると?】

エイゴガクシュウ

英語ではカエルを表す言葉が2つあります。
日本ではすべてカエルですが、英語だとFrog (フロッグ)とToad (トード)に分かれているのです。
みなさんはFrogとToad、この違いをご存知でしょうか?

FrogとToadの違い

FrogとToadは指しているカエルの種類が違います。

Frogは水辺に生息している体がヌメヌメして、水かきがしっかりしているカエル。
日本で言うとアマガエルとトノサマガエルとかです。

Toadはより陸地の方に生息している体が乾燥していて、ノソノソと歩く大きめのカエル。
日本で言うとヒキガエルのことです。

日本でも有名な海外の絵本「かえるくんとがまくん」の英語での題名は
「Frog and Toad Are Friends」となっています。

カプコンの人気ゲームシリーズ「ロックマン」にカエルのようなキャラクター「トードマン」というのがいますが、緑のボディで水を得意とする特徴から、彼は厳密にいうと「フロッグマン」ですね。

カエルを表現する英語表現

カエルを表現する際に使える英語表現についていくつかご紹介。

両生類

カエルは両生類です。
両生類は英語でAmphibianと言います。
ちなみにAmphi(両方)+ bios(生命)という意味であり日本語のまんまです。

Frogs are amphibians.
カエルは両生類です。

両生類は爬虫類と間違われることがありますが、ちなみに爬虫類はReptileです。
カメも水陸両方で生活していますが爬虫類ですね。

水かき ヌメヌメ

水かきは英語でwebbed handです。足ならwebbed foot。
ヌメヌメしているというのはslimyが使えます。

A frog is small and slimy.
カエルは小さくてヌメヌメしている。

A frog has webbed hands.
カエルには水かきがある。

乾燥 イボイボ

イボはwartと言います。形容詞にするとwartyです。
でっぱりなどを表すbump、形容詞でbumpyなどでも表現できます。

Toads have dry warty/bumpy skin.
ガマガエルの肌は乾燥してデコボコしている。

鳴き声

カエルの鳴き声は日本語だとケロケロとかですが英語だと 「ribbit ribbit」と言うそうです。
ケロケロよりは正確に音を描写している気がしますね。

また、カエルが鳴くのをcroakという言葉で表現します。

I heard a frog's croak.
カエルの鳴き声を聞いた。

Frogs are croaking.
カエルが鳴いている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました